金属溶射
Metallizing〈メタリコン〉
 
溶かした金属を吹き付ける技術を日本ではメタリコンと呼んでいます。 実際に金属を吹き付けるには、溶かした金属を圧縮空気で物体の表面に吹きつけるわけですが、この方法は、どんな製品にでも被覆できるばかりでなく、希望する厚さの金属皮膜を被覆できるすぐれた利点があり、被加工物の大きさに制限がなく、現場へ出張工事もできる最も進んだ表面改質法です。 その用途はすこぶる広範囲で、船舶、航空機、橋梁から美術工芸品、電気部品に至るまであらゆる分野に利用されています。